住所

〒224-0041
神奈川県横浜市都筑区仲町台2-9-12

045-943-0088

トップページ診療案内リウマチ座談会初診の方へ交通案内

関節リウマチ発症のしくみ

内科,リウマチ科,アレルギー科,糖尿病内分泌内科

トップページ»  関節リウマチ発症のしくみ

関節リウマチ発症のしくみとは

関節リウマチは、自己免疫疾患と呼ばれる病気の一つです。正常な免疫システムでは体内に入ってきた細菌やウイルスなどの異物を認識し、排除するように働きますが、自己免疫疾患では、免疫システムが異常を起こし、体内の組織を異物と認識し攻撃してしまいます。このような免疫システムの異常によって、全身、とくに関節において炎症が起こる疾患が関節リウマチです。
関節リウマチの原因はひとつではなく、遺伝要因や環境要因が複合的に関与して発症すると考えられていますが、はっきりとはわかっていません。遺伝要因としては特定遺伝子の変異、環境要因としては細菌やウイルス感染、ストレス、妊娠出産などが挙げられます。
関節リウマチの関節は、炎症を起こし徐々に壊れていきます。正常な関節では、骨の末端を覆う関節軟骨がクッションの役割を果たし衝撃を吸収しています。また、関節を包む滑膜は非常に薄い状態です。しかし関節リウマチを起こすと、滑膜に炎症が起こり、滑膜の異常な増殖・肥大が起きます。増殖・肥大した滑膜は軟骨や骨を徐々に破壊していき、関節の変形がみられるようになります。これが関節破壊です。さらに関節破壊が進行すると、軟骨が完全になくなり、骨と骨が接して、関節を曲げるのが困難な状況になります。

関節リウマチ発症のしくみ

都筑あずま内科リウマチ科