住所

〒224-0041
神奈川県横浜市都筑区仲町台2-9-12

045-943-0088

トップページ診療案内リウマチ座談会初診の方へ交通案内

関節リウマチの治療目標

内科,リウマチ科,アレルギー科,糖尿病内分泌内科

トップページ»  関節リウマチの治療目標

関節リウマチの治療目標

関節リウマチの病気の勢い(疾患活動性)を評価し、患者さんと医師が共に寛解(病気の勢いが完全になくなり、関節破壊進行の心配が無い状態)、または少なくとも低疾患活動性を目指す必要があります。
疾患活動性の評価は様々ですが、主に下記の方なものがあります。

医師による関節の評価 患者さんご自身による全般評価 血液検査

医師による関節の評価


医師が患者さんの28関節を触診して、

  • 圧縮関節数
  • 膨張関節数
を調べます。

患者さんご自身による全般評価

目盛りのついたスケール(VAS)を使って、自分の体調や全身状態を評価いただきます。

血液検査

血液検査で、炎症の程度を調べます。
(ESRまたはCRP)

上記を総合して、下記の値を算出します。

  高疾患活動性 中疾患活動性 低疾患活動性 寛解
DAS28(ESR) 5.1以上 3.2以上 2.6以上 2.6未満
DAS28(CRP) 4.1以上 2.7以上 2.3以上 2.3未満
CDAI 22以上 10以上 2.8以上 2.8未満
SDAI 26以上 11以上 3.3以上 3.3未満

CRPなどの採血所見のみでは、本当に関節破壊が抑えられているとは言えません。かかりつけの医療機関で必ず活動性の評価をして頂き、自分の疾患活動性を把握するようにして下さい。
上記の寛解を「臨床的寛解」と言い、その他にレントゲン所見にて関節破壊の進行が無い「構造的寛解」、日常生活動作に支障を来していない「機能的寛解」の3つの寛解を目指すのが目標です。

都筑あずま内科リウマチ科