住所

〒224-0041
神奈川県横浜市都筑区仲町台2-9-12

045-943-0088

トップページ診療案内リウマチ座談会初診の方へ交通案内

医師の紹介

内科,リウマチ科,アレルギー科,糖尿病内分泌内科

トップページ»  医師の紹介

院長 東 浩平(月/火/木午後/金/土午前)

院長 東 浩平

私は聖マリアンナ医科大学のリウマチ・膠原病・アレルギー内科に所属し、最新の診療や教育に携わって参りました。現在も大学で外来診療にあたっております(毎週水曜日)。リウマチ科領域は近年の医療の進歩に伴い、診断や治療体系が劇的に変化しております。今後も大学での医療に携わりつつ、大学と同レベルの医療を当院でも提供して参りたいと考えております。

2012年の開院当初、この地域にはリウマチ性疾患を診る病院や診療所は既にあったことから、内科疾患を中心に診療を行いながら少数のリウマチ性疾患を診ていくであろうと想定しておりました。ところがふたを開けてみると、その半数以上がリウマチ・膠原病の患者さんという状況です。

ここから分かったのは、この地域にもまだまだ病状に悩まれている多くのリウマチ性疾患患者さんがいらっしゃるという事でした。新規発症の方はもちろん、既に治療を受けられている方も何らかの不安を訴えて来院されます。いずれにしても当院に来院される患者さんが少しでも良くなるよう、出来る限り私の力を尽くしていきます。

また来院される患者さんには、既にかかりつけがあっても紹介状がないケースが少なくありません。おそらく先生に言いづらいなどが主な理由でしょう。もちろん過去の正確な経過や情報がわかりますので、紹介状はあるのが望ましいです。しかしながら、紹介状がない場合でも患者さん自身から情報を頂き、出来る限り質の高い医療の提供を目指します。

現在既に内科や整形外科等に通院中の方も、それら病院や診療所と連携し、リウマチ診療のみ当院で診療を行い、他疾患やリハビリなどに関して引き続きかかりつけの先生に行って頂くのも、全く支障はありません。むしろ理想の形ではないかと考えております。

当院で行う関節リウマチ治療に関してですが、経口抗リウマチ薬から全種類の生物学的製剤を含めた最新治療まで、必要に応じ大学との連携をとりながら、保険治療で行えるすべての医療を提供致します。リウマチ治療は副作用管理が非常に重要ですので、採血・採尿・レントゲン等、定期的に施行させて頂きます。私は治療を押し付けるのが嫌いですし、リウマチ性疾患は患者さんの理解とやる気が非常に重要ですので、会話の中で患者さんの希望や目標を設定し、患者さんと一緒に早期の寛解や低疾患活動性を目指したいと考えております。

また内科に関してですが、リウマチ膠原病は全身のあらゆる臓器が冒されうるため、今まで内科疾患全般に関しても治療に携わって参りました。実際、大学病院以外の一般病院では、一般内科医としても勤務してきました。ですから内科疾患全般に関し、お気軽にご相談下さい。当院の特徴として、千葉大学総合診療部にて総合内科診療に携わってきた副院長による一般内科診療や禁煙外来、順天堂大学糖尿病・内分泌内科講師による糖尿病および甲状腺疾患の診療も行なっております。詳細は医師の紹介や診療案内の欄をご参照下さい。

私が大学や他院の外来で不在時も、リウマチ科治療の経験豊富なリウマチ専門医が診療にあたっております。医師同士の連携も緊密で、院内セカンドオピニオンも容易です。このようなことは大学病院や総合病院でも主治医制をとっているため難しく、リウマチクリニックでは非常に稀です。

患者さんのお役に立てるよう励んで参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長・医学博士 東 浩平

院長略歴

平成10年5月
聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 内科学研修医
平成12年4月
横浜総合病院 一般内科 医員
平成13年4月
聖マリアンナ医科大学病院 病院助手(リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
平成17年4月
聖ヨゼフ病院 一般内科・リウマチ科 医長
平成19年4月
聖マリアンナ医科大学内科学 助教(リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
平成20年4月
聖マリアンナ医科大学西部病院 助教(リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
平成21年4月
聖マリアンナ医科大学内科学 助教(リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
平成23年10月
聖マリアンナ医科大学内科学(リウマチ・膠原病・アレルギー内科) 非常勤講師
平成24年1月
都筑あずま内科リウマチ科 開設

所属学会・認定医

◇日本内科学会 認定内科医
◇日本リウマチ学会 リウマチ専門医
◇医学博士
◇日本リウマチ学会 指導医
◇日本リウマチ学会 評議員


副院長 東 夏子(木曜日午前、月曜午前および金曜午前の禁煙外来)

副院長 東 夏子

都筑あずま内科リウマチ科副院長の東夏子です。私は聖マリアンナ医科大学を卒業後、信州大学第二内科に所属し、研修後、家庭医を目指すべく母校に戻り、総合診療部に所属しました。その後、地域の病院で一般内科や千葉大学総合診療部の医員として研鑽を積み、現在に至ります。
目標であった家庭医として、より多くの皆様のお役に立てるよう日々努力して参りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

所属学会

◇日本内科学会 認定内科医
◇日本内科学会 総合内科専門医
◇日本プライマリケア学会、プライマリケア認定医
◇日本腎臓学会


医師 東 浩介(火曜日午後)

略歴

  • 医学博士
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 現職: 順天堂大学内科代謝内分泌学 講師
    医療法人社団 新吉田医院  副院長
  • 研究: 順天堂大学大学院医学研究科・代謝内分泌学血管班
  • 外来: 順天堂大学医学部附属順天堂医院
    特定医療法人財団 石心会 川崎幸クリニック
    医療法人社団 新吉田医院
平成7年3月
順天堂大学医学部卒業
平成10年3月
聖路加国際病院内科研修修了
平成10年4月
順天堂大学内科代謝内分泌学入局
平成13年4月(~現在)
日本大学病理学教室研究員
平成17年3月
順天堂大学医学部大学院修了
平成17年4月
順天堂大学内科代謝内分泌学 助教
平成22年10月
順天堂大学内科代謝内分泌学 講師現在に至る

所属学会

◇日本内科学会
◇日本糖尿病学会
◇日本糖尿病合併症学会
◇日本内分泌学会
◇日本超音波学会

受賞

平成19年度 東京都医師会医学研究賞
「糖尿病における動脈硬化発症促進機序の解明」
平成21年度 糖尿病合併症学会若手奨励賞
「動脈硬化の評価法の確立と糖尿病性動脈硬化症進展因子の解析」

医師 小俣 正美(火曜・水曜日午前)

院長からの紹介
小俣先生は以前に大学病院で共にリウマチ膠原病診療に携わっていました。現在は大学病院を離れ、市中病院で一般内科医そしてリウマチ科医として腕を振るっております。
大学時代から小俣先生は患者さんに対して非常に優しく、診療の面でもとても信頼おける医師です。当院では、院長が大学の外来で不在になる水曜日午前を担当しております。女性医師を希望されるリウマチ患者さん他、内科全般のことも何でもご相談下さい。
院内セカンドオピニオンも可能です。

日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医

医師 伊東 宏(土曜日3週午前)

院長からの紹介
伊東先生とは大学病院で共に診療に携わっていました。現在も大学で最先端のリウマチ膠原病に腕を振るっております。
伊東先生は非常に賢明でかつ患者さん思いの、信頼おける医師です。都筑あずま内科リウマチ科では、第3週の土曜日に外来を担当しております。土曜日受診を希望されるリウマチ患者さん他、内科全般のことも何でもご相談下さい。
院内セカンドオピニオンも可能です。

◇医学博士
◇日本内科学会 認定内科医
◇日本リウマチ学会 リウマチ専門医


医師 前田 聡彦(土曜日2・4・5週午前)

院長からの紹介
前田先生とは大学病院で共に診療に携わっていました。現在も大学で外来診療をおこなっております。
前田先生は非常に患者さんにやさしい、相談のしやすい医師です。よく話を聞いてくれます。都筑あずま内科リウマチ科では、第2・4・5週の土曜日に外来を担当しております。土曜日受診を希望されるリウマチ患者さん他、内科全般のことも何でもご相談下さい。
院内セカンドオピニオンも可能です。

◇医学博士
◇日本内科学会 認定内科医
◇日本リウマチ学会 リウマチ専門医、評議員

 
 

 


スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

都筑あずま内科リウマチ科